ブログ

火の鳥の漢方養生【食養生編①】

一時の酷暑は少し一段落しましたね。
もう少しで冷房も使わずに済みそうです。

しかし、暑さの代わりに台風が猛威をふるっております。
被害に遭われた方々には御見舞い申し上げます。

さて、前回の記事でお伝えしたように、
漢方薬服用と同じくらい、
いや、それ以上に重要な「養生」について、
少し掘り下げていこうと思います。

「養生」といっても世の中には様々なものがあります。

代表的なのは「食養生」ですね。
世の中には膨大な「食(養)」に関する情報があふれています。
有名どころから細かいものまで無数にあります。

菜食主義(vegetarianism)という超有名なものも、
食養生のひとつの流派と言えるでしょう。

漢方・中医学を指向する方々の多くは、
「薬膳」というものを推奨していますね。
薬膳で使われる食材には漢方薬に使われるものもあり、
当然体に良いものが多いのが特長です。

ときにコレが間違いを生みます。
薬膳はどこまで言っても食物であり、薬ではありません。
「○○を食べて△△を治す」
という言説が流布されることはあまり良いこととは思えません。

食事に気をつければ健康に良いことは間違いない。
それは誰もが認めるところでしょう。

極力「病」を生まないように、健康を損ねないようにするために、
食事を見つめ直す。それこそが食養生です。

そんなことは大昔から分かっていたわけで、
日本でも昔から食養生は大いに研究されてきました。

日本史上最も有名な養生の本といえば、
貝原益軒先生の『養生訓』ではないでしょうか。

この本には書名通り様々な養生法が紹介されていますが、
食養生についても多くの紙面を割いています。

江戸時代にはどんな養生が流行したのか、
次回以降、少し覗いていきましょう。

薬局火の鳥では養生の知識やアドバイスを提供しながら、
オーダーメイドの漢方療法をご提案しております。

店舗は東京都多摩地域、立川・昭島・日野市にございます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
各店通常通り営業しておりますが、
外出等自粛の動きがございますので、
ご来店を控えようとお考えのお客様には、
お薬を【送料・代引手数料無料】でお届けしております。

ご体調の確認は【メール】もしくは【電話】にてご対応させて頂きます。
配送をご希望の方はページ下の方のリンクからご注文ください。

①【メール相談ご希望の方】は、
 「現在のご体調」や「調合調整の希望内容」を連絡欄にご記入ください。

②【電話相談ご希望の方】は、
 「電話相談希望」の旨を連絡欄にご記入ください。


お薬の発送依頼はこちらから。
来店のご相談予約はこちらから。

関連記事

コメントは利用できません。
漢方相談予約 漢方注文予約(配送・来店受取) 漢方薬ご相談初めての方

立川店 立川駅南口デッキ直結 TEL:042-512-9704

拝島店 拝島駅南口すぐ Pあり TEL:042-519-4094

高幡不動店 高幡不動尊参道中央 TEL:042-506-9312

漢方薬局採用情報
ページ上部へ戻る