ブログ

今日は「重陽」の節句ですね。

みなさんこんにちは! 伝統漢方火の鳥のブログ担当です。

今日は9月9日ということで、ネットで調べてみますと、いろいろなことの日に制定されていますね。

●救急の日:1982年に厚生労働省が制定。(9)キュウ(9)キュウの語呂合わせ

●世界占いの日:1999年に日本占術協会が制定。

●カーネルズデー:2003年に日本ケンタッキー・フライド・チキンが制定。
ちなみに、創業者のカーネルサンダースの誕生日だということです。

他にも、手巻きずしの日(クルクル巻いているから)、とか
ロールケーキの日(ロールケーキの断面の見え方から)などもありますね。

でも、この日は昔から「重陽(ちょうよう)」の節句として、季節の節目とされてきているのです。
他にも、1月7日:人日(じんじつ)=七草の節句
3月3日:上巳(じょうし)=桃の節句、みなさんご存知のひな祭りです。
5月5日:端午(たんご)=菖蒲の節句、五月人形や菖蒲湯の風習がありますよね。
7月7日:七夕(しちせき)=みなさんご存知の七夕(たなばた)ですね。

なぜ今日が「重陽」と言われるのかというと、
「9」という奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なることから「重陽」。
陽の極が2つ重なることからたいへんめでたい日とされ、邪気を払い長寿を願って、
菊の花をかざったり酒を酌み交わして祝ったりしていたとのことです。
別名では「菊の節句」とも言われています。

「菊」というと、「菊花」という名の生薬もありますね。
また、「陽」という考えは、いわゆる「陰陽」の考え方に基づくもので、
漢方の考え方の基本にもなっているものなのです。

%e5%82%b7%e5%af%92%e8%ab%96img_1815262_66207192_0

漢方の勉強をしていると、この「陰陽」は関係が深く、学べば学ぶほど、
面白いものだなと思うのです。

今日も、立川・拝島・高幡不動の3店舗を展開する伝統漢方火の鳥は
元気に営業しておりますよ。
この季節の変わり目、ちょっとした体調の変化でも気になるようでしたら、
お早目の対策をおすすめしますよ。
ご来店の際は、こちらからご予約ください。
お電話でのご予約、ご相談も承っております。

 

関連記事

コメントは利用できません。
漢方相談予約 漢方注文予約(配送・来店受取) 漢方薬ご相談初めての方 立川漢方薬お問い合せ 漢方薬局採用情報
ページ上部へ戻る