ブログ

ペットにも漢方?!

みなさんこんにちは! 伝統漢方火の鳥のブログ担当です。

いや~~今日は朝から暑いですね~~!
昨日騒がれていた「台風7号」も、夜中には関東地方を抜け、
いまでは台風一過の青空が広がっています。

 

さて、先日ですが懇意にしているお客様からこんな質問を頂きました。

「うちのワンちゃん(犬)、3ヶ月位前から腎臓が悪くて病院にいっているんだけど、
漢方薬って飲ませられないのかねぇ?」

そのお客様にとっては、そのワンちゃんをお子様同様にかわいがっていて、
来店される度に写真やら、携帯で撮った動画を見せてくれているのです。
その愛くるしい仕草なんかを見ていると、こちらまでホンワカとした気分に
なってしまいます。

犬の写真

そのご質問に対するお答えは、もちろん「はい、飲ませられますよ!」です。

 

基本的に人間も、犬や猫などの動物は、体の仕組みが同じなので、服用させる
ことができるのです。
飲ませ方としては、いつものペットフードに混ぜて服用させるのがよろしいかと
思いますねともお答えしました。

たしかに、人間と違って、自分で症状のことを説明することができないだけに、
飼い主さんからのヒアリングが、とても重要になってきます。

食事の量、水分摂取、おしっこや便、仕草、見た目で分かるような腫瘤、皮膚の状態・・・など
詳しくお話し頂ければ、オーダーメイドの漢方薬の調合には取りかかれます。

ここ最近では、ペットにもアトピーや、てんかんのような発作、腎機能の低下、肝機能の異常
など、人間同様の疾患が増えてきていると聞いたことがあります。

なんだか、人間同様の「現代病」みたいな感じがします。

立川・拝島・高幡不動に3店舗を展開する伝統漢方火の鳥では、
皆様がかわいがっているペットの相談も受け付けておりますよ~!

ご来店の際は、こちらからご予約ください。
お電話でのご予約、ご相談も承っております。

まだまだ猛暑が続きますのでくれぐれもご自愛ください。

 

関連記事

コメントは利用できません。
漢方相談予約 漢方注文予約(配送・来店受取) 漢方薬ご相談初めての方 立川漢方薬お問い合せ 漢方薬局採用情報
ページ上部へ戻る